Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nyakanyan.blog90.fc2.com/tb.php/680-0060160d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

パソコンの不調解消。BSODの原因はソースネクストの「マカセルファイル用心」だった

パソコンの不調解消。BSODの原因はソースネクストの「マカセルファイル用心」だった


昨年12月から、使用しているパソコン(OS Windows7 32bit版)の調子が急におかしくなり、ブルースクリーン(BSOD)が頻発するようになった。
酷い時には1日に数度もある。

真っ先に疑ったのはソースネクストの「ウイルスセキュリティ」。ときどきバージョンアップとともに不具合が発生した経験があるので、外す。

ウイルス対策ソフトがないと怖いので、フリーのMicrosoft Security Essentialsをダウンロードしてインストール。
ファイアーウォールはOSの機能を利用。

うーん、Microsoft Security Essentialsって、フリーなのにウイルス定義ファイルの更新も頻繁でとても良い。マイクロソフト嫌いの私でもこれはお勧め

ただ、自動で定義ファイルを更新してくれない。(パソコンのウイルススキャンをスケジュールできて、その時に定義を更新できるようだが)
私は、豆にファイルを手動でも更新するからOKだな。
それにデスクトップパソコンは、常にルータの内側で使うから、ファイアーウォールがOS付属の機能でも十分か。
しばらくこれでいこう。


しかし、ソースネクストの「ウイルスセキュリティ」を外しても状況は変わらず。


次にグラフィックを疑って、ATIのHPでドライバーの有無を確認。12月に新しいドライバーが出ているので更新。
でも、これまで順調に使えいてたのだから、それが新しいのが出たということで、急に不調になることもないわな。
案の定、グラフィックドライバーを更新しても症状は改善せず。




ネットで「ブルースクリーン」やら「BSOD」やらのキーワードで検索して、「BlueScreenView」というソフトを導入。
すると「ntkrnlpa.exe」というものが頻繁にエラーを出していることが分かった。


ntkrnlpa.exeで検索すると、レジストリの異常でも発生するようなことが書いてあり、レジストリー掃除ソフトを買わせるページに・・・。危ない、危ない。

次に、(別の)レジストリーを掃除するソフトでレジストリーの整理。
でも効果なし。




Web(「ブルースクリーン(BSOD)連発 ntkrnlpa.exeが原因か」)で、BCDの拡張メモリーの設定を変えると効果があるという記載があるので試す。
これだとOS管理外領域のメモリが使えなくなります。eBoostrの効果が減るじゃないと思いつつ、試す。
やはり効果なし。

ついでeBoostreを一時的に外す。
効果がないのでeBoostrが原因でもなさそう。


よくよく見ると、Windows7の右下のタスクバーにも、黄色い三角印の「***の壊れたファイル」という警告メッセージが頻出
これも気になる。
キャッシャやテンポラリーファイルをきれいに消しても改善せず、IEのテンポラリファイルの設定を確認したが問題なし。


Windows7の回復オプションを試す。
でも、BSODは止まりない。


ここまでやって解決しないのだから、問題はソフトウェアではなくハードウェアかと、まずは、ディスクのエラーチェック。ディスクに異常なし。

ネットワークドライブを接続しないようにする。
これもダメ。変化なし。

挙句にマザーボードのBIOSもアップデート
でも効果なし。


さて、ここまで来て手を尽くしたかと思っちゃいました。


ふと、思うと、
なんとなく、12月頃からエラーが多くなったと思っていましたが、「BlueScreenView」を見ると、いつBSODが発生したかが分かるので、よくよくみると、やはり12月10日くらいから、頻発するようになったのは間違いない。

この頃になにかソフトは・・・・と考えるとソースネクストの「マカセルファイル用心」を購入してインストールしている。
これは常駐して、ファイル更新を見張り、バックグラウンドでファイルの履歴更新をしてくれるソフト。

バックグラウンドでファイル操作の監視・・・なんか重そうだし、バグフィックスをまともにやらないソースネクストの(しかもマイナーな)製品なのでとても危ない感じ。


とりあえずアンインストールだ、と、コントロールパネルの「ファイルの追加と削除」から「マカセルファイル用心」をクリック

アンインストールのプロセスが起動するが、その途中でBSOD発生。
リスタート後、さらに同じことをもう一度やると、またBSOD発生。


BSODの発生が再現したことで、犯人が「マカセルファイル用心」だと確信

「マカセルファイル用心」の設定画面を開いて、「マカセルファイル用心を無効にする」のチェックを入れると、再起動が要求されたので、再起動。
そして再起動の直後に、コントロールパネルの「ファイルの追加と削除」から「マカセルファイル用心」をアンインストールすると、無事アンインストールが成功。

再起動して、様子を見る。


その後BSODは発生しなくなり、Windows7のタスクバーの「***の壊れたファイル」という警告メッセージも出なくなった。
1ヶ月半ぶりに、パソコンがサクサク動きます。気持ちいい。


結局、ソースネクストの「マカセルファイル用心」が今回のBSODとタスクバーのメッセージの原因でした。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nyakanyan.blog90.fc2.com/tb.php/680-0060160d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

 あたなは、2007年1月20日にこのブログに引っ越してから
     番目のお客様です。

楽天モーションウィジット

プロフィール

 もともとは理系の人間なのですが、かなり法律の勉強をしています。最近はファイナンスにも明るくなりました。工学も法律も財務も交えていろいろと。。。

にゃかにゃん

Author:にゃかにゃん
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。